ユーザー名: パスワード:
新ユーザー登録
右の列は開始時位置の例えを表示しています。本当の開始時位置はゲーム類によって異なります。
ゲームの項目の中を検索する:  ゲーム名を検索する 説明文を検索する 

チェス類 (37)
囲碁 (3)
諜報 (5)
チェス
二人用ボードゲームの中で最もクラシックなゲームです。 (ルールをすべて表示する)
象棋(シャンチー)
チェスの中国版ともいえる象棋(シャンチー)はアジアで非常に人気のあるボードゲームでその愛好者は数千万人ともいわれています。別名:中国将棋。 (ルールをすべて表示する)
将棋
日本の将棋はアジアのチェスの中でも非常に人気があり、古くは16世紀より指されています。 (ルールをすべて表示する)
角チェス
チェスの一種ですが通常のチェスとは異なる戦い方が必要になります。王様の位置は右下隅でポーン以外の駒の並べ方もランダムなところが通常のチェスと違います。 (ルールをすべて表示する)
城郭チェス
城郭チェスは角チェスと非常に似ていますが、唯一違うところは、各プレーヤーが王様側に3つのポーンを余分に配置してあるという点です。 (ルールをすべて表示する)
大群チェス
大群チェスにおいては白は通常のチェスの初期配置ですが、黒の陣はポーンが群をなしています。白の勝利条件はポーンを全て取ること、黒の勝利条件は白の王様を詰ますことです。 (ルールをすべて表示する)
持ち駒チェス
将棋同様持ち駒を使用することができるという変則チェスですが非常に人気があります。普通のチェスに比べ戦略の幅が格段に広がります。別名:打ち駒チェス、クレージーハウス (ルールをすべて表示する)
逆チェス
この変則チェスも人気があります。最初に全ての駒を失うか、身動きを取れなくなった側が勝ちで通常のチェスとあべこべです。ただし王手や詰みはなく、ポーンは王様の地位までなれるという特殊ルールがあります。 (ルールをすべて表示する)
絶滅チェス
ウェイン・シュミットバーガーが発案したチェスである種の駒(例えば2つのナイト)を失った側が負けとなります。このチェスも王手、詰みはなく、ポーンは王様の地位まで登りつめることができます。 (ルールをすべて表示する)
マハラジャ・チェス
あまり知られていない変則チェスです。白のプレーヤーはマハラジャというクイーンとナイトの動きを兼ね備えた一つの駒だけで戦います。黒のプレーヤーは通常のチェスと同じ初期配置です。 (ルールをすべて表示する)
王手三つチェス
相手の王を三回目に王手をかけた側が勝つという特別ルールを追加した変則チェスです。 (ルールをすべて表示する)
暗闇チェス
古くからある変則チェスの一種で盤の一部が目隠しされた状態になっています。目隠しされた場所は駒の位置によっても変動します。王手や詰みはなく、相手の王様を取ることによってゲームに勝つことができます。 (ルールをすべて表示する)
爆発チェス
このユニークな変則チェスはたびたび爆発が起こります。王手、詰みはなく、相手の王様を爆破させた側が勝ちです。別名:原爆チェス (ルールをすべて表示する)
ヤヌス・チェス
ヤヌス・チェスはドイツの変則チェスの中でも人気があります。このチェスは10x8のチェス盤を使用し、ヤヌスというナイトとビショップの動きを兼ねる駒を新たに追加しています。 (ルールをすべて表示する)
大使チェス
ケビン・ヒルの発案による大使チェスはカパブランカチェスの変形で、カージナル(ナイト+ビショップ)、マーシャル(ナイト+ルークク)の2つの新たな駒を追加しています。8x10のチェス盤を使用します。 (ルールをすべて表示する)
面チェス
面チェスが古典的なチェスとただ1点違うのは、双方のプレーヤーが駒を自陣側半分の領域に自由に配置できる点です。ただしポーンとビショップは初期配置に多少制限があります。 (ルールをすべて表示する)
狂面チェス
狂面チェスは面チェスとほぼ同じですが、駒の配置にまったく制約がありません。 (ルールをすべて表示する)
筒チェス
筒チェスはチェスをあたかも筒の中でプレイしているような感覚にさせますす。A列とH列はつながっており、これにより駒の動きの幅が広くなります。 (ルールをすべて表示する)
アマゾンチェス
アマゾンチェスが通常のチェスと違う点はクイーンの駒の変わりにアマゾンというクイーンとナイト両方の動きができる駒を使用するという点です。 (ルールをすべて表示する)
ベロリナチェス
ベロリナチェスではポーンが斜め前方に動き真上の駒を取るという独特の動きをします。 (ルールをすべて表示する)
フィッシャーランダムチェス
古くからある変則チェスの一種で駒の初期配置がランダムです。角チェスと違い、駒の並べ方に一定の制約を設けることによりバランスの取れたゲームとなっています。 (ルールをすべて表示する)
レガンチェス
独特の初期配置を持つチェスで数々の独自ルール(ポーンは斜めに進める、駒の成れる領域の違い)があります。 (ルールをすべて表示する)
ナイトのリレー
マニス・シャロッシュにより1972年に発案されたユニークなチェスです。駒の働きがナイトの守りで増幅するというものです。別名:ナイトリレーチェス (ルールをすべて表示する)
大型チェス
大型チェス(クリスチャン・フリーリング発案)は10X10の大型チェス盤を使用します。大使チェス同様、マーシャル(ルーク+ナイト)、カージナル(ビショップ+ナイト)の2つの独自の駒が使用されます。 (ルールをすべて表示する)
カパブランカランダムチェス
カパブランカ・ランダムチェス(レインハード・シャルナグル発案)はホセ・ラウル・カパブランカ(元チェス世界チャンピオン)が創案した10x8の盤を使用するチェスの変形です。初期配置はランダムですがバランスが取れたゲームとなるよう並べ方に一定のルールがあります。 (ルールをすべて表示する)
ロスアラモスチェス
ビショップを使用しないチェスで6x6のチェス盤を使って行われます。20世紀半ばにコンピュータチェスのテストのために使われました。 (ルールをすべて表示する)
曖昧チェス
あいまいチェス(ファブリス・リアルデト創案)は比較的新しい変則チェスです。手を指すとき、駒を動かすのではなく、駒の動くマスのみをマークします。どの駒が動くのかは対戦相手が決めます。王手、詰みはなく、相手の王様を捕まえれば勝ちです。 (ルールをすべて表示する)
5五将棋
5五将棋は変則将棋の中では新しいものです。5x5の盤を用い、駒の成れるのはプレーヤー側から見て最奥の段のみです。 (ルールをすべて表示する)
サイコロ・チェス
サイコロチェスはチェスのゲームの中にランダムな要素を取り入れたものです。一手指すごとにサイコロが振られ、サイコロの目の番号によってどの駒が動かせるかが決まります。 (ルールをすべて表示する)
リサイクル・チェス
リサイクルチェスは持ち駒チェスの仲間です。プレイヤーは味方の駒を取ってまた再利用することができます。ただし、敵の駒は取っても自陣の駒として打つことはできません。 (ルールをすべて表示する)
氷期チェス
氷期チェスはコクサル・カラクスによって創案された変則チェスです。初期配置では空いたマスは氷で覆われ、駒を動かすためにはそれらを一つ一つ取っていかなければなりません。さらに黒が20手指すごとに氷河期が訪れ、空いたマスが全て凍ります。氷に閉じ込められた駒は全て凍り盤より取り除かれます。 (ルールをすべて表示する)
ベヒーモス(巨獣)チェス
ドナルド・シーグレイブ創案のベヒーモス・チェスはランダムな要素を取り入れたチェスの一種です。ベヒーモスは聖書に登場する伝説上の巨獣でここでは不死鳥のように不死身な駒として登場します。プレーヤーが一手指すごとにビヒーモスは1~4マス分ランダムに動き、進行方向にある駒をすべて破壊します。 (ルールをすべて表示する)
チェシャ猫チェス
チェシャ猫チェスは1970年にヴァーモン・ライランドによって創案されました。通常のチェス同様にゲームは進行しますが、2つの大きな違いがあります。1)駒が他のマスに動くと、動く前のマスは消滅し、新たに駒が入ることはできなくなります。(ただし消えたマス越しの王手や移動はできます)。王は最初に移動するときはクイーンとして動くことができます。したがってこのゲームには囲いは成立しません。 (ルールをすべて表示する)
ナイト詰ましチェス
ブルース・ジモフにより1972年に創案されたこのチェスは王様ではなくナイトを詰ますゲームです。チェスの王様の位置にナイトが置かれ、王様はナイトの位位置に2つ置かれます。囲いはナイトとルークによって行うことができます。ポーンは成ると王様になることもできます。 (ルールをすべて表示する)
キングのレース
1961年にバーモン・R・パートンによって創案された変則チェスで非常に人気があります。このチェスにはポーンはなく、両プレーヤーの全部の駒が一段目と二段目に配置されます。通常のキングのように相手のキングをチェックメイト(詰み)することはできません。自分のキングを相手より早く最上の段に到達させたほうが勝ちです。 (ルールをすべて表示する)
サイコロチェス10x10
このゲームはサイコロチェスの一種で10x10の盤を使います。通常のサイコロチェスのキングは1つですが拡大版は3つあります。全ての敵のキングを取った側が勝ちとなります。 (ルールをすべて表示する)
すし詰めチェス
アンディ・ルウィッキ氏発案のすし詰めチェスは、チェス類の中ではランダムな初期配置をする部類に属します。各プレーヤーはクイーン8個、ルーク8個、ビショップ8個、ナイト8個の計32個の駒をランダムに配置します。敵の32個の駒をあわせるとゲーム開始時には盤上にびっしりと駒が詰まった状態となります。各プレーヤーは1手指すごとに必ず相手の駒を取らなければなりません。有効な手を指すことができないか、駒をすべて取られた側が負けとなります。 (ルールをすべて表示する)
日時
オンライン友達
気に入り掲示板
同好会
今日のアドバイス
著作権 © 2002 - 2021 Filip Rachunek.
上へ